ジェニファー・ロペス、AMAのパフォーマンス中にしりもち 録画放送ではカット

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
AMAにてパフォーマンスを披露したジェニファー・ロペス - Kevin Winter / AMA2009 / Getty Images

 アメリカン・ミュージック・アワードで、新作アルバム「Love?」に収録されている「Louboutins」をステージで披露したジェニファー・ロペスが転倒するアクシデントがあった。

 曲の途中、前かがみになった男性ダンサーの背中の上を階段のように上ったジェニファーは、飛び降りた際に転倒。思いっきりしりもちをついてしまった。正面からのカメラには下着もチラッと映ってしまったが、ジェニファーは即座に立ち上がり、そのまま歌い続けた。ジェニファーの転倒映像は生放送だった東海岸でのテレビ中継では放送されたものの、録画放送だった西海岸ではカットされていたという。

 翌日にラジオ番組に出演したジェニファーは、「転倒? 何の話? あれは振り付けの一部よ」とジョークをとばし「転倒がどうのじゃなく、問題はどうやってリカバーするかが重要」と語り、再びステージに立てたことがとても楽しかったとコメントしている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]