『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカ、古典『ジェーン・エア』のヒロインに?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミア・ワシコウスカ - Kevin Winter / Getty Images

 ティム・バートン監督の最新映画『アリス・イン・ワンダーランド』でアリスを演じているオーストラリアの新進女優のミア・ワシコウスカが、シャーロット・ブロンテの名作「ジェーン・エア」の再映画化作品でヒロインを務めるかもしれない。

映画『アリス・イン・ワンダーランド』

 WENNなど複数メディアが伝えたところによると、ミアが映画版『ジェーン・エア』(原題)のヒロインとして出演交渉中とのこと。クエンティン・タランティーノ監督映画『イングロリアス・バスターズ』でドイツ語が堪能なイギリス軍中尉アーチー・ヒコックスを演じたマイケル・ファスベンダーも、ヒロインのジェーンが愛する貴族ロチェスター役で出演交渉中だ。ヒロイン役は、当初映画『JUNO/ジュノ』のエレン・ペイジが決まっていたが降板しており、『アリス・イン・ワンダーランド』でブレイク必至のミアに白羽の矢が立ったようだ。

[PR]

 名作「ジェーン・エア」は、幾多の障害を乗り越えて幸せをつかみ取った女性の姿を描く文芸ロマンスで、これまでに何度も映画化され、主人公ジェーン・エアはジョーン・フォンテインスザンナ・ヨークシャルロット・ゲンスブールなど名優が演じてきている。今回の映画化は、日本人とスウェーデン人のハーフであるケイリー・ジョージ・フクナガ監督がメガホンを取り、撮影は来年開始される見込みだ。

 ミアは本作のほかに、ガス・ヴァン・サント監督のタイトル未定の青春ドラマで、デニス・ホッパーの息子であるヘンリー・リー・ホッパーやシシー・スペイセクの娘で歌手のスカイラー・フィスク、加瀬亮、ジェーン・アダムスチン・ハンと共演することが決まっている。ルイス・キャロルの児童文学「不思議の国のアリス」のヒロインであるアリスの冒険を描いたファンタジー映画『アリス・イン・ワンダーランド』は、日本では来年の4月17日公開予定だ。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]