トヨエツが石橋蓮司のオカマ役に嫉妬!「やりてぇな~」と本音をポロリ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
豊川さんのオカマ役……観たい!(写真前列左から、薬師丸ひろ子、豊川悦司、後列左から、行定勲監督、濱田岳、水川あさみ、石橋蓮司)

 7日、東京・帝国ホテルにて映画『今度は愛妻家』完成披露記者会見が行われ、豊川悦司薬師丸ひろ子水川あさみ濱田岳石橋蓮司行定勲監督が登壇した。

映画『今度は愛妻家』写真ギャラリー

 本作で見事なまでにオカマ役を演じ切った石橋が「この年でついにこの役が……」と感慨深げに語ると、場内からは笑いが起こった。「セリフを覚えるよりも水川さんと美しさを競い合うことが重要でした」と撮影の思い出を振り返る石橋に、水川も「メイクを直してもらっていると『何でわたしの方は直さないワケ?』って後ろで言ってるんですよ(笑)!」と爆笑しながら暴露した。それでも石橋は「行定監督に『女として演じさせてください』って頼んだんです。この作品でわたしは女優デビューしました」とイキイキと語り続け、それに触発されたのか、豊川も「この役やりてぇなってずっと思ってた……」とついに本音をポロリ。「現場でものすごい解き放たれた蓮司さんを見てたら、ほんといいなぁ~って思って……(笑)」と本気でうらやましそうな表情を浮かべていた。

[PR]

 「近ごろの邦画には若者向けが多いから、大人がラフに見られる映画を撮りたかった」と語る行定監督は、「買い物ついでとかに観てほしい。今までにない感じの作品だけど、東映さんは温かい会社ですぐに『やろう!』と言ってくれました(笑)」とニッコリ。そして、最後に「豊川さんと薬師丸さんが夫婦ということ、そして石橋さんがオカマだということだけを頭に入れて観に行ってください(笑)」と観客へメッセージを送った。

 『今度は愛妻家』は、女性に甘いくせに妻への愛情表現ができない、元売れっ子写真家のダメ夫(豊川)と、そんな夫を明るく元気に支える妻(薬師丸)の日々を描くラブ・ファンタジー。役者陣の良質な演技が堪能でき、笑いに満ちた前半から、涙なしでは見られないクライマックスまで目が離せない感動作だ。

映画『今度は愛妻家』は2010年1月16日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]