アジアの妖精ビビアン・スー、2010年春より日本で本格再始動決定!アニメ「くるねこ」テーマ曲で

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
みんな、待っていてくれてありがとう!-ビビアン・スー

 かれんな容姿とユニークな発言で日本のバラエティー番組でひっぱりだこだったビビアン・スーが日本のファンの前から姿を消して久しいが、このたびテレビアニメ「くるねこ」のテーマソングをきっかけに日本で本格的な活動を再開すると発表した。

 ビビアンは1996年、日本テレビ系の「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」にレギュラー出演するようになってから、その親しみやすさと妖精のような透明感のある容姿で瞬く間に人気者に。番組で結成したユニット、ブラックビスケッツがリリースした曲「タイミング Timing」では紅白歌合戦に出場、日本レコードセールス大賞、新人ゴールド賞を受賞するなど輝かしい実績を残す。しかし、ブラックビスケッツの活動を停止し、本番組を降板してからは、活動拠点を母国の台湾に移し、日本のお茶の間でその姿を見ることはなくなってしまっていた。

 それ以降何度か来日をするものの父親の看病などもあって休業したりしながら台湾での活動を中心にしていたビビアン。しかし、実は密かにビビアンの日本復帰計画は進行していたのだ。

[PR]

 そのきっかけとなったのは角川映画の「くるねこ」というテレビアニメ。ねこのアニメというソフトな内容と、彼女の持つやさしいイメージはベストマッチであるとして、角川映画のプロデューサーがビビアンにテーマ曲の熱烈オファーを試み、実現したというものだ。実はこのテーマ曲はすでに7月よりスタートした(関西テレビ日曜8:55~、東海テレビ土曜11:40~放送中、GyaO!隔週配信)テレビアニメ「くるねこ」のテーマソングとして放送されているのだが、ビビアンの名前は隠していたため、誰もその存在に気が付いていなかった。

 アニメの放送が始まって約半年たった今、2010年にビビアン・スーが日本での芸能活動を再開することが明るみになると同時に、この歌声の主がビビアンであることも解禁となった。その歌声が入っているアニメ「くるねこ」のDVDは角川映画から12月18日発売される。テーマソング「Beautiful Day」は来年春にユニバーサル ミュージックよりリリースされるので、DVDであれば、一足お先にビビアンの歌声を堪能できるというわけだ。ビビアンはこの復活第1弾シングルを皮切りに、アーティストとして活動するほか、テレビや雑誌、映画やCMなど日本での活動に本格的に取り組むという。この再始動についてビビアンは、「小さいころの幼なじみと会ったみたいな感じで、すごくうれしくて、興奮しています! 会っていない間にどのぐらい成長したのか? そして、皆さんとすべての喜怒哀楽を分かち合いたいです」と日本を幼なじみにたとえて再始動を心から喜んでいるようだった。

 「くるねこ」の原作は、名古屋在住の商業デザイナー、くるねこ大和が拾った子猫たちの飼い主探しのために書き始めたブログ猫マンガ「くるねこ」(エンターブレイン刊)。女性や猫好きの多大なる共感を呼び、シリーズ累計60万部を突破。大もとブログ「くるねこ大和」もほぼ毎日更新中。人気ブログランキングイラスト部門第1位、gooブログ総合第1位を不動のものにしている。アニメ「くるねこ」は7月から関西テレビ、東海テレビにて好評放送中で、演技派女優・小林聡美がひとりで猫・飼い主全ての声を好演していることが話題になっている。

アニメ「くるねこ」DVD-1は、12月18日発売

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]