「のだめ」初日に劇場超満員!上野樹里、玉木宏、竹中が感激のハグ!観客がスタンディングオベーション

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スタンディングオベーションの観客に感激いっぱいの上野樹里と玉木宏

 19日、有楽町のTOHOシネマズ日劇1で映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』の初日舞台あいさつが行われ、出演者の上野樹里玉木宏ウエンツ瑛士山口紗弥加山田優なだぎ武チャド・マレーン福士誠治吉瀬美智子竹中直人武内英樹監督が登壇した。

映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』写真ギャラリー

 初日を迎え、10人の豪華俳優陣と監督が登壇すると、会場にいた映画を観たばかりの観客は一斉に立ち上がり、スタンディングオベーションで登壇者を出迎えていた。待望の初日ということで、壇上の登壇者たちも非常にテンションが高かったが、その中でも、劇中の天才指揮者フランツ・シュトレーゼマンの衣装、メイクそのままに登場した竹中は、「今日は女の子がいっぱい。そこの子とは一緒に合コンしましょう!」と役柄そのままにあいさつし、会場を笑わせていた。そして「千秋、のだめちゃん。今日は最高の初日を迎えられました。3人で抱き合いましょう!」とセクハラ(?)まがいのコメントをきっかけに、本気で嫌がる上野との追いかけっこが始まったが、最終的には玉木、上野とハグをして、この日の喜びを身体いっぱいに表現していた。

[PR]

 満員の会場の様子に感動した様子の上野は、「こんなに歓迎される舞台あいさつは二度とないと思います。今日、初めて会うお客さんもいると思いますけど、作品を通じて会っていたような気がします。お客さんのおかげです」とコメント。当たり役となったのだめ役について「生きる力を与えてくれた役です。どんな映画でもそれは毎回もらってるんですが、のだめはその馬力がすごいんです」と語り改めてそのパワーを噛みしめているようだった。

 本作は、二ノ宮知子の同名コミックをドラマ化し、高視聴率を記録した「のだめカンタービレ」劇場版の前編。天才的なピアノの腕と独特な感性を持つヒロイン、通称・のだめ(上野)と、一流の指揮者を志すエリート青年・千秋(玉木)の恋と音楽に懸ける青春が展開する。スペシャルドラマの続編となる映画版は、やる気のない「ルー・マルレ・オーケストラ」の常任指揮者に就任した千秋の奮闘と、音楽学校の進級試験に挑むのだめとの恋模様をコミカルに描く。

映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]