パリス・ヒルトンのビールのCMが官能的過ぎるとブラジルで問題に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
セクシー過ぎてごめんなさいね~-パリス・ヒルトン - James Devaney / WireImage / Getty Images

 ブラジルの女性問題に関する事務局が、パリス・ヒルトンが出演しているブラジルのビール“デヴァッサ”のコマーシャルに異議を唱えた。

 コマーシャルの内容は、黒のドレスを着たパリスがガラス張りの高層マンションの一室で冷蔵庫からビールを取り出し、缶ビールを片手にセクシーな動きをするもの。向かいのビルの住民や、道行く人がそれに注目をするが、パリスが脱いだり、水を浴びたりするわけでもなく、これまでのパリスのCMに比べれば露出度も少なく何の問題もないように思える。

 E!オンラインによると、「問題は露出の度合いではなく、官能的であることです。砂浜でビキニを着ている女性は一概に官能的だとは言えませんが……状況によります」と、プライベートな監視機関のスポークスマンはコメント。この説明によると、部屋の中で服を着てビール片手に官能的な動きをすることに問題があるらしい。この監視機関はコマーシャルの放送を中止させる力はないものの、このCMについて3つの取調べが開始されており、放送中止の提案をした場合、管轄官庁はこの提案を無視することはまずないという。問題となっているデヴァッサのCMはYouTubeで観ることができる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]