「ウィル&グレイス」のショーン・ヘイズ、ゲイであることをカミングアウト

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゲイであることをカミングアウトしたショーン・ヘイズ - Kevin Winter / Getty Images

 テレビドラマ「ふたりは友達!?ウィル&グレイス」でゲイのジャックを演じていたショーン・ヘイズが、自分もゲイであることをカミングアウトした。

 雑誌アドヴォケットのインタビューでショーンは、「ゲイであることを隠していたわけではないので、“カミングアウト”にはならない」とコメントし、ゲイではないかという長年のウワサを認めただけだと言っている。また、これまで認めなかった理由については、「知らない人に本当の自分を見せる必要はない」との理由と、ゲイだろうと記事などを書いたり、報じたりするメディアに対しての不満があったようだ。

 「ゲイ社会にこれだけ貢献した僕に対してなぜ、そんな扱いをするのかがわからない。それがひっかかってたんだ。僕はアメリカにおけるゲイ運動に限りなく貢献してきたと思う」と、語っている。ショーンは現在、恋人がいることを認めたものの、自分の恋愛にスポットライトを当てるつもりはないようだ。「僕の人生には特別な人がいる。それだけだ。それ以上はいらない。特別なイベントのようなものはいらないんだ。85歳の老人のような生活を送っているよ。静かで最高だ」と、同ドラマで演じていた陽気なジャックとは対照的な私生活の様子を語っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]