ショーン・ペン、カーティス・ハンソン監督のサーファー映画へ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ショーン・ペンがサーファー?

 アカデミー助演女優賞と脚色賞を受賞した映画『L.A.コンフィデンシャル』のカーティス・ハンソン監督の新作へ、ショーン・ペンが出演するかもしれない。業界紙プロダクション・ウィークリーが伝えたところによると、ショーンがハンソン監督の新作映画『ジェイ・モリアリティ』(原題)への出演交渉中とのこと。

 同作は、2001年6月15日に、22歳の若さで亡くなった天才的サーファー、ジェイ・モリアリティの半生を描く伝記映画で、出演が決まればショーンはモリアリティの指導者であったリック・“フロスティ”・ヘッソンを演じる。ヘッソンは、元ライフガードで、カリフォルニア州サンタクルーズのサーファーたちの間で語り継がれている伝説のサーファーだ。ショーンがサーファーの役を演じるのはかなり意外なキャスティングだが、ヘッソンは毎年冬に開催されている「マーヴェリックス・サーフ・コンテスト」のために、モリアリティのトレーニングプログラムを考えていた重要な人物で、そのトレーニングのひとつであったフリーダイビング中にモリアリティは亡くなっている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]