元宝塚の貴城けい&樹里咲穂が、実在の結合双生児に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
お尻がくっついてしまっている貴城けい&樹里咲穂

 6日、東京芸術劇場にて、ブロードウェイ・ミュージカル「サイド・ショウ」出演者取材が行われ、元宝塚歌劇団の貴城けい樹里咲穂大澄賢也下村尊則伊礼彼方岡幸二郎らが登場した。

 ミュージカル「サイド・ショウ」は、お尻が結合した状態で生まれた実在の双子、ヴァイオレット・ヒルトンデイジー・ヒルトン姉妹の数奇な生涯を描く作品だが、この姉妹を演じる貴城と樹里は、舞台上でもずっとお尻をくっつけている状態だ。

 けいこ場では、練習のためにマジックテープを付けていたそうだが、「今では自力。セルフサービスでくっついています。このままでも走れるし、踊れるよ!」と貴城が胸を張ると、樹里も「それぞれの気持ちが違っても、このままの状態でお互いについていける」と笑顔で付け加えるなど、二人の息はピッタリ。

[PR]

 振り付けを担当した大澄によれば、「舞台の回数を重ねるごとに、本当に一つになっている感じ。『どうなってるの?』と思うほどびっくりする」とのこと。岡も「完ぺき!」と大絶賛。

 そして、本番さながらに、舞台の一部が取材陣に披露されたが、貴城と樹里のくっつき具合は、ものの見事。「皆さんもぜひやってみて!」とおすすめする貴城と樹里だった。

 ミュージカル「サイド・ショウ」は、ミュージカル「ドリームガールズ」で知られるグラミー賞受賞者ヘンリー・クリーガーが作曲を担当。1997年の上演以来、トニー賞4部門にノミネートされた名作で、日本で初上演となる。

 ブロードウェイ・ミュージカル「サイド・ショウ」は、4月7日より東京芸術劇場 中ホールにて公演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]