玉木宏のズボン丈短かっ!上野樹里に大ウケ!『のだめ』観客動員500万人突破の大ヒット感謝あいさつ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ズボンのすそ巻いてあります! と玉木。それを見てほほ笑む上野

 4日、TOHOシネマズ日劇1で映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』大ヒット大感謝祭舞台あいさつが行われ、上野樹里玉木宏武内英樹総監督、川村泰祐監督が登場した。

映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』写真ギャラリー

 興収40億円を突破した前編に続き、後編も早くも興収20億円を突破するなど、大ヒット街道を突き進む「のだめ」。今回は前編&後編を通じての観客動員が500万人を突破したことの感謝の意を込めて、感謝祭を行うことになった。舞台上に立った上野は「おはようございます。みなさんのおかげで上映の期間も延びるかもしれません。たくさんの人に観てもらえて本当にうれしいです」とあいさつすると、満員ののだめファンからは大きな歓声が起きていた。そしてこの日の玉木はなぜか丈の短いパンツで登場。「衣装が間に合わないかもということになって、すそを直してないんですよ。なので巻いてあります」と裾をまくりあげると、会場からは大きな拍手と歓声が起きていた。

[PR]

 この日の感謝祭はファンへのためにサプライズイベントを実施。撮影で使われた激レアグッズとなるお宝小道具を抽選で3名にプレゼントすることになった。抽選箱で座席番号を読み上げられ、見事当選を果たした3人のファンはとてもうれしそうな表情。それぞれ「おいおまえ、はいあなたと書かれた夫婦湯呑み茶碗」「ごろ太とかずおのパペット人形」、そしてのだめと千秋のキスシーンの舞台となった「こたつ」を手渡されると、皆がうれしそうにしていた。しかし、玉木が「千鶴さんへ」「那奈さんへ」とサインの横に名前を書こうとすると、「つる……?」「那覇(なは)のな……?」と漢字に悪戦苦闘する姿に会場は大盛り上がりだった。それでも何とかサインも無事に終了し、上野と玉木から激レアグッズを直接手渡されると、会場からは拍手が起きていた。

 そして上野は「最近、マンガで、のだめの新刊を買ったんです。番外編だって聞いてたけど、けっこう内容がありますよね。まだまだ続くんじゃないかというパワーがあったんですけど……」と続編に期待を寄せると、観客からは大きな拍手が沸き起こった。

 本作は、日本中にクラシックブームを巻き起こした「のだめカンタービレ」の劇場版最終章の後編。ヨーロッパへ渡ったのだめと千秋との恋の行方、そして音楽家としての葛藤(かっとう)などをビビッドに描き出す。

映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』は全国東宝系にて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]