日本のイルカ漁描く『ザ・コーヴ』が東京での上映中止に!抗議殺到で全国での上映も協議中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『ザ・コーヴ』より - (C) OCEANIC PRESERVATION SOCIETY. ALL RIGHTS RESERVED.

 日本のイルカ漁を描き第82回アカデミー賞ドキュメンタリー長編賞を受賞し、一部の日本人からの集中バッシングを浴びていた映画『ザ・コーヴ』が、度重なる抗議のため東京での上映を中止せざるを得ない状況になった。これを受け、全国での上映も現在協議中だという。

映画『ザ・コーヴ』予告編

 中止を決めたのは映画『ザ・コーヴ』のメイン館であるシアターN渋谷。6月26日の公開を控え急きょ上映中止となった。『ザ・コーヴ』の日本の配給元であるアンプラグドの発表によると上映中止の理由は、度重なる電話での抗議があったことと、抗議による街宣活動の予告が劇場およびその本社・日本出版販売宛てにされたことだという。

[PR]

 配給会社代表の加藤氏はこの事態について、「昨年末より準備をしてきました『ザ・コーヴ』のシアターN渋谷での上映が中止となり、関係各所にご迷惑をお掛けしております。アカデミー賞受賞以来、市民活動団体から配給会社や拙宅などで執拗(しつよう)に街宣活動が行われてきましたが、今回、その活動が劇場に及んだため、このような事態となりました」と以前から強い抗議活動があったことを明かした。

 さらに加藤氏は『ザ・コーヴ』が反日映画ではないことを強調し「映画の内容について深く建設的な議論をすることが必要であると考えています。日本を舞台に描かれた映画を日本の映画館で観る機会が失われることを残念に思います。今後は、すでに決定している劇場と慎重に協議をしつつ上映を続行できるように努力してまいります」と公開に向けて努力していることも明かした。

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]