水着風コメディ青春爆走ムービーって何だ?女子高生がグラビアクイーンを目指す!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
水着風コメディ青春爆走ムービー映画『グラキン★クイーン』観てくださいね。

 12日、ポニーキャニオン本社にて映画『グラキン★クイーン』のDVD発売記念イベントが行われ、主演の西田麻衣をはじめ、飯田里穂中島愛里織田美織そして、松本卓也監督が登場し、撮影当時の思い出話などを語った。

 水着風コメディ青春爆走ムービー! と銘打って劇場公開された映画『グラキン★クイーン』。香川に住むグラビアクイーンを目指す女子高生役に挑戦した現役グラビアアイドルの西田は、「劇中にビューティーウォークというはじけた歩き方があるのですが、わたしが演じていたのはいつもおとなしくて暗いという役柄だったので、そのギャップがすごく難しかった」と撮影当時の思い出を語った。また、同じくグラビアアイドルとして活躍している中島も、「わたしは水着の上にチョッキを着るシーンがあったんですが、予想以上に恥ずかしくて……」と意外な組み合わせ!? に恥じらいを感じたことを明かしていた。

 そして、パンクロッカーを演じた飯田は「ライブで(パンクロッカーのように)大声を出したり首を振ったりしているところが見どころです」と舌をペロリ。今回が映画初出演となった織田は「わたしは劇中『ドンドン』という言葉をいっぱい発しています。なんか日本語になってないところもいっぱいあるので……」と松本監督の演出にとまどいを見せるシーンもあったようだ。

[PR]

 その後、松本監督がイベントに乱入すると雰囲気が一転。4人のアイドルから監督に、「本読みから監督はハイテンションで……」「撮影が押して帰れなくなるかと思った」や、「むちゃ振りが多かった」と非難ごうごう。しかし、なぜかそんな苦情にもニヤニヤしている松本監督の表情が、アイドルたちとの関係のよさを物語っていた。

 また、負けたくないグラビアアイドルは誰か? との質問に中島が「全員です」という発言をすると、隣の西田は「いないです。わたしがクイーンなので……」とにこやかにグラビアクイーン宣言。しかし、発言後に「あっ、言っちゃった!」というような表情を見せ、ライバルたちから厳しい視線を受けていた。

 『グラキン★クイーン』はグラビアアイドルを目指すヒロインと、グラビアカメラマンを目標にしている内気な男子高校生との友情、愛情をコミカルに描いた青春ストーリー。

DVD「グラキン★クイーン」はポニーキャニオンより発売中(税込み:4,935円)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]