ほしのあき、9変化!手錠で拘束の囚人やセクシーな白衣姿まで!コスプレでプレデターを悩殺してほし~の!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
こんな美人だったら、襲ってきてほし~の!

 映画『プレデターズ』のキャンペーンサイトにて、本作に登場する医師、スナイパーなど9人のコスプレを披露しているグラビアアイドル・ほしのあきが、人気投票で選ばれたコスプレで、ステージ上での早着替えに挑戦することが明らかになった。

映画『プレデターズ』写真ギャラリー

 映画『プレデターズ』に登場する戦闘のエリートたちは、医師、スナイパー、囚人、マフィア、特殊工作員など、職業も国籍もバラバラな9人。ほしのは、これらすべてのコスプレに挑戦! 手錠で縛られた囚人やセクシーな白衣姿は、プレデターが雄だったら悩殺確実の過激さだ。キャンペーンサイトでは、最も悩殺力が高いと思われるコスプレを選ぶ人気投票を行っており、1位と2位に選ばれた衣装は7月9日に実施される『プレデターズ』スペシャルイベントにて、ほしのがステージ上での早着替えに挑戦する。

[PR]

 映画『プレデターズ』は、1987年に公開された名作との誉れも高いSF映画『シュワルツェネッガー/プレデター』のリメイク。舞台を惑星に置き換え、新作として製作されたSFアクション映画で、惑星に集まったエリート傭兵(ようへい)部隊が地球外生命体・プレデターと死闘を繰り広げるさまを描いている。

 製作は映画『スパイキッズ』シリーズの鬼才・ロバート・ロドリゲスが務めている。自身、オリジナル版のファンだというロバートはオリジナルの世界観を踏襲しつつも、新種のプレデターを登場させるなど、本作を単なるリメイクにとどまらない作品に仕上げた。最新技術を駆使して描かれたプレデターの造形にも注目したい。

映画『プレデターズ』は7月10日よりTOHOシネマズ有楽座ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]