森下悠里、独身最後の夜にハメをハズすバチェラーパーティー、自分のダンナだったら許せない?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
男って……!と憤る姿もかわいい森下悠里

 グラビアアイドルとして活躍する森下悠里が、アメリカの歴代コメディー映画史上最高の興行収入を記録した映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』を大絶賛しつつも、複雑な乙女心を明らかにした。

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』写真ギャラリー

 映画ファンで相当な数の映画を観てきたと豪語する森下は「『ハングオーバー!』って最高! 常識を覆す出来事の連発、史上最強のおかしさは世界共通です!」とすっかり本作のとりこになってしまった様子。よほど映画が気に入ったのか、6月27日付のオフィシャルブログでも大絶賛を繰り返すほどだった。

[PR]

 だが、独身最後の夜に羽目を外したことが騒動の発端となることについては「女の立場としては鼻の下伸ばして羽目はずして調子に乗るからいけないのよ!」とブログ上で至極もっともな意見を述べており、バチェラーパーティーに関しても「悠里は絶対、嫌ですね。ゆるせんっ(笑)」と容赦なかった。

 映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』は世界27か国で第1位を獲得するだけでなく、第67回ゴールデン・グローブ賞でも作品賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞。比較的低予算であり、大スターが出演していない映画としては異例の大ヒットを記録した。日本公開にはツイッターでの署名活動が大きな役割を果たしたことも話題になった。すでに続編製作も決定している。

 森下も大絶賛しているので女の子とのデートで観に行くには最高かもしれないが、観終わったあと、彼氏は肩身が狭くなっているかも?

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』は7月3日よりシネセゾン渋谷ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]