『トイ・ストーリー』は3部作で終了!……だけどスピンオフ映画の製作が決定!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
自分もおもちゃの仲間入り!? (映画『トイ・ストーリー3』より) - (C) 2008 WALT DISNEY PICTURES / PIXAR ANIMATION STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

 30日、西新宿のNTTインターコミュニケーション・センターで展覧会「トイ・ストーリー3の世界展」の内覧会が行われ、ピクサーのストーリー・スーパーバイザーのジェイソン・カッツ氏が登場した。

映画『トイ・ストーリー3』写真ギャラリー

 映画『トイ・ストーリー3』の公開を記念して、7月1日から開催される本展覧会。原画やスケッチ、バズ、ウッディといった人気キャラクターのアートワークマケット(人形)など映画の世界観が楽しめる80点の貴重な資料を展示。そのほか、おもちゃの持ち主アンディの部屋を、メガネをかけずに立体画像で楽しめる「3D映像コーナー」。テーブルの上に手をかざすと、手の上にキャラクターが浮かび上がる「てのりぽっぷ」といった、最新の技術を駆使した体験コーナーなどもある。

[PR]

 そして会場には、本作の公開に合わせて来日していたピクサーのストーリー・スーパーバイザーであるカッツ氏も登場し、本作がどのようにして作られたかという作業を解説。カッツ氏は「本作の制作には4年の歳月がかかりました。そのうち脚本やストーリー作りといったプリ・プロダクションにはその内の3分の2くらいかかっています」と解説。そのときに出たアイディアとして、「もしおもちゃが刑務所に入ったら」というものがあったそうで、ウッディが足かせをはめられているスケッチを披露してくれた。そのアイディアはやがて、保育園に寄付されたおもちゃたちが、園児たちに乱暴に扱われるというシーンにつながっていくのだが、「保育園と刑務所というまったく違うものを合わせたらどうだろうかという話になったんです。おもちゃたちの視点から見ると刑務所のように思えるんじゃないかというのが、発想のきっかけですね」と語り、感動的なストーリー作りに定評があるピクサーの作業プロセスの一面が垣間見えた講演だった。

 また、『トイ・ストーリー』シリーズは3部作で終了といわれているが、2011年公開予定の映画『カーズ2』の前段階として、本作の短編映画を製作予定があると明かした。「今回の映画のためにすばらしいキャラクターが作られたのですが、やはり長編の場合は全体像を見なくてはならないため、いいキャラクターなのにあまり時間を与えられなかったのが残念でした。ですから短編映画で彼らのことを描きたいと思ったんです」と内容がスピンオフ的な話であることを明かしていた。どのキャラクターがスピンオフのキャラクターとして描かれるのかを想像しながら映画を観てみると、楽しさも倍増するはずだ。

展覧会「トイ・ストーリー3の世界展」は、7月1日よりNTTインターコミュニケーション・センターにて開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]