マナカナの見分けがつかず取材が混乱!佳奈は川島選手、茉奈は遠藤選手と長友選手が好き!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
確かに見分けがつかない!

 6日、双子タレントで女優の三倉茉奈三倉佳奈が、シネスイッチ銀座で行われた映画『シスタースマイル ドミニクの歌』の公開記念イベントに登場し、一般人の双子ゲストたちと一緒に劇中曲を熱唱した。

映画『シスタースマイル ドミニクの歌』写真ギャラリー

 本作は1960年代の世界的なヒット曲「ドミニク」を生み出した、実在のベルギー人女性の物語。「ドミニク」は日本でも東京オリンピックのころ大流行し、当時のスターだった女性双子デュオのザ・ピーナッツがカバーしている。この日は、彼女たちと同じ双子であることにちなんで抜擢された三倉茉奈と三倉佳奈がシスター姿で登場し、“ザ・ピーナッツ”バージョンの「ドミニク」1番を二人で、2番をほかの双子ゲストたちや観客と共に歌い上げた。歌い終えた後、本作の魅力について「自由で型にはまらない、意志が強いヒロインがすてきでした!」と笑顔で語った。

[PR]

 その後マスコミ陣の囲み取材に応じた二人だったが、顔以外が全部同じ服装だったため、レポーターから「見分けがつきませんね~」と苦笑されてしまうハメに。すると佳奈が「ほくろがあるほうが佳奈です! 覚えて下さい(笑)!」と必死にアピールする一幕も。普段一緒に映画を観る際は、感動するところや笑うところも一緒だと語る二人だったが「男性のタイプも同じ?」と突っ込まれると「それはちょっと違うんです!」と否定。例として、サッカーワールドカップ日本代表選手の中で好みのタイプを挙げることになり、佳奈は「川島永嗣選手」、茉奈は「遠藤保仁選手と長友佑都選手」とそれぞれ名前をあげた。男性の好みだけは、成長するにつれてお互い異なってきたそうで、そのことについて「不思議ですね~」と二人で声を揃えていた。

 『シスタースマイル ドミニクの歌』は、1960年代に世界中で300万枚の大ヒットを記録した名曲「ドミニク」を生み出した実在のシスターの知られざる人生に迫る人間ドラマ。社会の価値観が保守的であった時代に、愛と自由を求め、夢を追い続けたヒロインの波乱に満ちた人生を優しいまなざしで描く。

映画『シスタースマイル ドミニクの歌』はシネスイッチ銀座ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]