ロシアの国民的アニメ「チェブラーシカ」27年ぶりの新作!ヒロインの声に北乃きいが決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左上少女マーシャ、右上北乃きい、下はチェブラーシカ

 ロシアでは知らぬ者がいないほど絶大な人気を誇る国民的人気キャラクターの映画化『チェブラーシカ』の新作が、12月18日より全国東宝系にて公開される。本作でテレビアニメーションでも「チェブラーシカ」の声を務めた大橋のぞみに加えて、ヒロイン役でサーカスにあこがれる少女マーシャの声を北乃きい、奇術師の声を藤村俊二が務めることが決定した。

 『チェブラーシカ』はその愛くるしいキャラクターが爆発的な人気を呼び、現在ではロシア版「ドラえもん」のように国民的アニメとなっている。2004年のアテネオリンピック以降はロシア選手団の公式キャラクターとなり、選手入場時や表彰台などでロシア選手がチェブラーシカのぬいぐるみを持つ場面がたびたび見られた。 さらに2006年のトリノ冬季オリンピックで白いチェブラーシカのぬいぐるみが用いられて以降、マスコットは大会ごとに色を変え、2008年の北京オリンピックでは赤、2010年バンクーバー冬季オリンピックでは青のチェブラーシカのぬいぐるみが登場し、日本でも話題となった。また日本国内においても、2001年に渋谷のミニシアターでの公開でありながら約7万人を動員し大ヒットロングラン上映され、子どもから大人まで数多くの“チェブファン”を生み出した。2008年には、三鷹の森ジブリ美術館の協力のもと全4話の完全デジタルリマスター版が公開されている。

 そして2010年、「チェブラーシカ」の魅力に惚れ込んだ日本人スタッフの手によって3話の新作が完成。旧作のリメイクである1話に加え、今回のオリジナルキャラクターであるサーカスにあこがれる少女マーシャとチェブラーシカの交流を描いた2話、3話がつくられた。そのクオリティーの高さに、原作者であるウスペンスキー氏も大絶賛。「チェブラーシカ」のパペットアニメーションの新作が発表されるのは、実に27年ぶりとなる。

[PR]

 チェブラーシカを演じるのは大橋のぞみ。そして今回新たに加わった北乃は、「昔から知っていた『チェブラーシカ』に出られると聞いてすごくうれしかったです。しかもマーシャはとてもかわいいキャラクターで、イメージを壊さないように頑張りました」と自身もチェブファンであることを明かした。

 また、奇術師役の藤村は「どんな世相でもどんな時代でも、夢を持たせてくれる誰かがいたんですネ……。それがチェブラーシカ。どこに居るの? ナニモノなの? 僕は手品師、彼は?」と藤村のキャラクターどおりのコメントを寄せた。

 なお、今回同時に初の劇場アニメーション化となる累計150万部の大人気絵本、『くまのがっこう~ジャッキーとケイティ』も上映され、主人公のジャッキーが出会う体の弱いケイティの父親役の声をココリコの田中直樹が務める。

映画チェブラーシカ』『くまのがっこう~ジャッキーとケイティ』は12月18日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]