AKB48板野がアイドル役で「もやしもん」出演!ボンテージ姿の加藤夏希も大興奮!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
加藤夏希のボンテージ姿が超セクシー!-左から板野友美、中村優一、加藤夏希

 人気アイドルグループAKB48のメンバー、板野友美がドラマ「もやしもん」に出演することが、7日にフジテレビ湾岸スタジオで行われた新キャスト発表記者会見で明らかになった。

 先日行われた「AKB選抜総選挙」で第4位に輝いた板野が演じるのは、主人公が通う農大の収穫祭に招かれた人気アイドル・田中恭子(通称:タナキョー)。原作コミックの第5巻で表紙を飾る人気キャラクターで、ドラマの第9話に登場する予定になっている。板野は「普段は(AKB48の)メンバーと踊っているが、今回は菌と一緒に踊りました。完成したシーンを見てびっくり」とコメント。撮影中はガムを吐き出すシーンに苦労したといい、「ガム吐き出すこと自体、普段はないですからね」と語った。

 そんな板野の出演に大喜びしているのが、農大院生役の加藤夏希。この日、劇中衣装である白衣&ボンテージに身を包んだ加藤は、「板野さん、大好きなんです! 毎日ブログもチェックしているくらい。実は共演シーンがなくて、今日初めて『出てたんだ!』って知りました」と興奮を隠せない様子。また過激な衣装について、「足を組むと、見えちゃいけないものが見えてしまって大変だった」と語ったほか、ドSキャラでムチを振り回すという役柄に「最初は周りにぶつからないよう注意していたが、次第に『それがムチでしょ』って感じでお構いなしだった」とあっけらかん。主人公・沢木惣右衛門直保役の中村優一は、牛の直腸検査シーンを実際にこなし、「牛の肛門が温かくて心地良かった」とこちらも余裕の笑顔だった。

[PR]

 「もやしもん」は、菌が肉眼で見える主人公・沢木惣右衛門直保を中心に 「農大で菌とウイルスと少しばかりの人間が右往左往する」という物語。2007年にはフジテレビ系列で放映されている深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送された。「ノイタミナ」で実写作品が放送されるのは、今回が初めてとなる。

ドラマ「もやしもん」は7月8日より毎週木曜24:45~ フジテレビ「ノイタミナ」ほかにて放送(初回は25:00~)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]