佐藤健、「龍馬伝」出演最終回を迎え「さようなら、ありがとう」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
男らしい佐藤健

 現在NHKで放送中の大河ドラマ「龍馬伝」で、11日の放送をもって出演が終了した岡田以蔵役の佐藤健がその寂しい胸のうちを明かした。

佐藤健出演映画『BECK』写真ギャラリー

 佐藤はテレビドラマやCMだけでなく、映画『ROOKIES -卒業-』『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』、そして今秋公開の映画『BECK』など近年映画出演も相次ぐ売れっ子若手俳優の一人。「龍馬伝」の出演を終えた率直な気持ちを、「放送を見て、これで本当に終わりなんだなぁという実感がわいてきて少し淋しい気持ちになりました」と「さようなら、ありがとう。」とタイトルを付けた自身のブログで明かした。

[PR]

 また佐藤は「最後まで応援ありがとうございました」とファンへの感謝もつづり、キャストやスタッフをはじめ、「支えてくださった全てのみなさんに心から感謝しています」と関係者にも謝辞を述べている。男らしさをにじませる佐藤は、「もっともっとがんばります」と決意を新たにした様子も記している。

 2007年にテレビ朝日系列で放送された「仮面ライダー電王」で主役を務め人気に火が付いた佐藤。若年層から大人の女性までファン層が幅広い彼が、「龍馬伝」で新たな人気を獲得したことは間違いないだろう。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]