「ぞうのババール」実写映画化決定!『トワイライト』シリーズの製作会社が着手

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「トワイライト」スタッフは最強! (映画『エクリプス/トワイライト・サーガ』より) - TM & (C) 2010 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 映画『トワイライト』シリーズを手掛けているテンプル・ヒル・エンターテインメントが、子ども向け絵本として知られている「ぞうのババール」を、実写とCGアニメを融合させた映画としてプロデュースすることになった。

映画『エクリプス/トワイライト・サーガ』場面写真

 デッドライン・ニューヨーク(電子版)によると、『トワイライト』シリーズの怖いバンパイアや狼男というホラー路線だけではなく、かわいい子ども向けのキャラクターという正反対の路線も開発していくねらい。

[PR]

 テンプル・ヒル・エンターテイメントと映画を共同で製作しているマーティ・ボーウェンウィク・ゴッドフリーは「ぞうのババール」を製作するための権利を、出版元のネルバナ社とクリフォード・ロス社から取得した。

 「ぞうのババール」はフランスで1931年にジャン・ド・ブリュノフによって発表され息子のロラン・ド・ブリュノフによって今も書き続かれている。「ぞうのババール」の出版物は世界で約3万点も出版されており、19か国の言語に翻訳されているという世界中で大人気の絵本シリーズだ。

 ほのぼのした「ぞうのババール」が『トワイライト』のスタッフたちによってどう脚色され、スクリーンに現れるのか今から楽しみ。

 なお、人間とバンパイアの禁断の恋を描いた映画『トワイライト』シリーズの3作目『エクリプス/トワイライト・サーガ』は日本では11月13日から公開となる。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]