服役中のジョージ・マイケル、低警備の刑務所に移送されビリヤードを楽しむ日々

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
服役中のジョージ・マイケル

 薬物の影響下での運転とマリファナ所持で有罪となり、服役中のジョージ・マイケルが、刑務所内でほかの囚人たちとビリヤードを楽しんでいるらしい。

ジョージ・マイケル出演映画『ジョージ・マイケル-素顔の告白-』場面写真

 ジョージは9月17日に重警備の刑務所として知られるロンドンのペントンヴィル刑務所から低警備のハイポイント刑務所に移送されたばかり。その中でも模範囚がいる棟の個室をあてがわれているとのこと。ペントンヴィル刑務所では独房からほとんど出ず、泣き崩れることが多かったらしいが、今度の刑務所ではほかの囚人たちと交流するほど気分的にも回復したようだ。

[PR]

 ほかの囚人との面会の際にジョージを目撃したという女性は、「スリムになって老けた感じはしたけど、彼はフレンドリーだとみんなが言っていたわ。ほかの人ともうまくやっているみたいよ」と、ザ・サン紙にコメント。また、囚人の一人は「ジョージのビリヤードの腕は大したものだ」と語っている。

 一方で、ほとんどの囚人たちが2人部屋などで収容されているのに対し、ジョージが独房に入っているのは特別扱いだと不満の声もあるらしい。ジョージは8週間の刑期のうち4週間を刑務所で過ごし、残りの4週間を保護観察下で過ごすことになっている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]