元パイレーツ・西本×元AKB48・川崎×現役・中野腐女シスターズ・虎南が激突サバイバル生活!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キュンとくる映画です!! -虎南有香

 26日、お台場シネマメディアージュにて、映画『忘れられない、あの夏』の完成披露上映会が行われ、主演の虎南有香(中野腐女シスターズ)、西本はるか川崎希桂亜沙美が登壇、元気いっぱいの笑顔で会場のファンに作品完成の報告を行った。

映画『忘れられない、あの夏』場面写真

 立場の違う男女7人の人間模様を描いた本作だが、実際の出演者も、虎南はオタク系アイドル・中野腐女シスターズ所属、西本は元パイレーツとして“胸の谷間を強調”したネタで一世を風靡(ふうび)、そして川崎は、今をときめくアイドルユニット「AKB48」の元メンバーとバラエティに富んでいる。だが実際の現場では「グアムではみんな同じコテージで共同生活をしていたのですが、すごく仲良くすごしていましたよ」と桂が言うようにチームワークの良さを強調。

[PR]

 初主演の大役を担った虎南は「演技をあまりやったことがなかったので、すごくプレッシャーはありました。監督に『わたしでいいんですか?』って聞いちゃったぐらいだし……。だから完成した作品を観るまで安心できませんでした」と心境を語った。また、台本を読んで、演じた香織が男勝りの活発なキャラだったので「普段から、歩き方とかしゃべり方とか、男っぽくなるように意識していました」と役作りでの苦労も語った。

 また役柄で姉妹だった西本と川崎だが、「二人のケンカのシーンは本気でイライラしていたから、リアル感が出ていると思います」と西本。すると川崎は「わたしはわがままな役だったのですが、普段の自分とあまり変わらなかった」と発言。川崎は役柄同様、普段もみんなの妹キャラ的存在で周囲をにぎわせていたようだ。

 最後に、虎南が「普段の生活でキュンとしていない方は、この映画を観てキュンとなってください!!」と作品をアピールしていた。

 本作は、ひょんなことから無人島で過ごすことになってしまった漁師やスター俳優、旬が過ぎた女優など、さまざまな立場の男女7人のサバイバル生活を描いた青春恋愛物語。

映画『忘れられない、あの夏』は10月2日よりワーナー・マイカル・シネマズ板橋ほかにて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]