オードリー春日、家賃3万9,000円の部屋で行っていた伝説のライブを1日限定復活!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
伝説のライブを部屋ごと再現! -オードリー(若林・春日)

 16日、渋谷のスペースシャワー・ティーヴィー・ザ・ダイナーで単行本「オードリーの小声トーク」発売記念トークライブが行われ、オードリーの春日俊彰若林正恭が登場。舞台に春日の自宅を再現し、トークライブを行った。

オードリーが宣伝キャプテンを務めた映画『ヒックとドラゴン』写真ギャラリー

 東京の阿佐ヶ谷のアパート「むつみ荘」といえば、オードリー春日が家賃3万9,000円で住んでいる格安物件として有名。この「むつみ荘」で、2005年6月から毎月1回ずつ行われていたトークライブが「小声トーク」だ。しかし間取りは6畳一間ということで、客席は10席のみ。隣に住む人に迷惑をかけてはいけないとのことで、「小声で」という決まりで始まったライブである。13回目以降は別の会場を借りての不定期開催になった本ライブだが、この日は単行本の発売記念ということで、1日限りの「小声トーク」が復活することになった。

[PR]

 当時のライブを振り返った春日は「たいがい定員割れでしたね。どれだけ告知しても7人か8人くらいしか来なくて」と今のオードリー人気からは信じられないような状況だったとコメント。かつて春日の部屋にアダルトグッズが置いてあるとニュースになったこともあったが、「別にやましいものではないですからね。むしろ見てもらいたいですね。何なら(目立つように)裏表紙を表紙に変えたりもしてますし。それが醍醐味ですから」と男らしい芸人魂を見せ付けていた。

 この日の復活ライブには、当時、春日の家に通っていたという高校生だった女性も来場。今は社会人になったということで、「あの頃はみんなの顔が分かったよね」と懐かしそうにしていた二人だった。さて、そんな「むつみ荘」だが、昨年末に更新したそうで、「大家さんにはもう出て行ったらどう? と言われているけど、少なくとも来年まで住みますよ。住まないともったいない」とケチケチぶりは健在の様子。そしてライブの終わりに若林は、「当時こんなことをやってどうなるんだろうと思っていたけど、こつこつ積み重ねていったから書籍化になってね」としみじみトークで締めようとしていたが、どこか心のない口調だったため、会場は大爆笑となっていた。

 この本は、春日宅で行われた伝説トークライブ初期12回分のVTRが奇跡的に発掘されたため、急きょ採録し、出版されることになったお笑い本。当時、無名だったオードリーの素質の片鱗を見せた爆笑トークの数々を知ることが出来る一冊となっている。

単行本「オードリーの小声トーク」は講談社より発売中(税込:1,500円)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]