『愛と青春の旅だち』のリサ・ブロント、自宅で遺体で発見

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リサ・ブロントさん - Amy Graves / WireImage / Getty Images

 映画『愛と青春の旅だち』でデブラ・ウィンガー演じるポーラの友人リネットを演じていたリサ・ブロントが自宅で亡くなっているのが発見された。53歳だった。

 Zao2Itによると遺体を発見したのはリサの母親で、検死官によると死後2日が経っていたという。リサの夫で俳優/監督のレイ・マッキノンは仕事で家には戻っていなかったらしい。死因はまだ明らかにされていないが、犯罪はかかわっていないとのこと。

 リサは『愛と青春の旅だち』でゴールデン・グローブ賞助演女優賞にノミネートされたほか、プロデューサーとしても活躍しており、映画『ザ・アカウンタント / The Accountant』(原題)でアカデミー賞短編実写賞を獲得している。また、ホラー映画『パラダイム』に出演しているほか、テレビドラマ「HEROES/ヒーローズ」でネイサンを演じているエイドリアン・パスダー主演のテレビドラマ「プロフィット / Profit」(原題)のボビー役で知られる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]