シネマトゥデイ

ディノ・デ・ラウレンティスが死去!フェリーニ作品から『キングコング』まで手掛けてきたハリウッドの名プロデューサー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ディノ・デ・ラウレンティスさん - Keith Hamshere / Getty Images

 映画界を代表するイタリア出身の名プロデューサー、ディノ・デ・ラウレンティスが11日、ロサンゼルスの自宅で死去した。現在のところ、死因は公表されていないが91歳で亡くなり、プロデューサーとしての70年間のキャリアに幕を閉じることとなった。

ディノ・デラウレンティス製作映画『レッド・ドラゴン』写真ギャラリー

 彼はローマで映画製作を学んでいたときに、第2次世界大戦が勃発しために従軍し、帰還した後に本格的に映画製作に関わり始めた。

[PR]

 彼がプロデュースした代表作の中には、イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニの『道』、ルキノ・ヴィスコンティの『異邦人』、70年代に渡米してハリウッドで製作した大作『キングコング』、『コナン・ザ・グレート』などがあり、近年では『ハンニバル』や『U-571』なども手掛けていたほど幅広い作品に携わってきた。

 私生活では、イタリアの女優シルヴァーナ・マンガーノと結婚し、4人の子どもをもうけるが、彼女とは1989年に死別。その後、映画プロデューサー、マーサ・シューマカーと結婚して、2人の子どもをもうけている。

 これまで彼は、2000年のアカデミー賞でアービング・G・タルバーグ賞、2003年にはヴェネチア国際映画祭功労賞を授与されていた。ご冥福をお祈りしたい。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]