ジャスティン・ビーバーが呼吸困難に!「CSI」の撮影中にアレルギー反応を起こして病院へ搬送!

第53回グラミー賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
超多忙な16歳、ジャスティン・ビーバー

 ジャスティン・ビーバーがテレビドラマ「CSI:科学捜査班」の撮影中に呼吸困難に陥り、病院に搬送される事態が起きた。

 バーバンクの病院に連れて行かれたジャスティンは、何らかのアレルギー反応を起こしたと診断され、50分後には病院を後にしたという。「ジャスティンは大丈夫です。『CSI』の撮影終了間際に軽いアレルギー反応を起こして病院に行きましたが、今は仕事に戻って元気にしています」とスポークスマンはコメントをしている。

 ジャスティンは、疲れても普通の子どものように休めないと語ったばかり。「普通の子どもならインフルエンザにかかったら家に帰ることができるけど、僕はそれができない。仕事と私生活のバランスをとるのが難しいよ。仕事も大事だけど、僕の精神状態も大事だ。怒っていてもニセの笑顔を作っていないといけない。私生活や本当の自分をある程度、犠牲にしなきゃいけないのはわかっているけどね」と、16歳の人気アイドルの生活は複雑なようだ。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]