リッキー・マーティン、アメリカの同性愛団体からゲイ公表をたたえられ賞を受賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヴィト・ルッソ賞を受賞したリッキー・マーティン、抱っこしているのは彼の双子の子ども

 昨年、自身のサイトで自らゲイであることを告白したシンガーのリッキー・マーティンが、アメリカの同性愛団体から賞を受け取ることになった。

 BBCオンラインによると、この賞は同性愛団体「ザ・ゲイ・アンド・レズビアン・アライアンス・アゲインスト・デファーメイション(GLAAD)」が主催するヴィト・ルッソ賞で、同性愛者であることを公表しその権利のために活動している芸能人に贈られるもの。GLAADはリッキーについて、「彼が同性愛を告白したことで、同性愛やトランスジェンダーのラテン系の子どもたちにとって流れが変わった。彼らには長い間、尊敬できる対象となる同性愛者がいなかった」と勇気あるカミングアウトを賞賛している。リッキーもこの賞の受賞について、「非常に喜ばしいこと。僕はとても恵まれた同性愛者だ」と喜びを語っており、3月にニューヨークで行われる授賞式に出席して賞を受けとる予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]