ヒュー・ジャックマン主演の『ザ・ウルヴァリン』の監督にジェームズ・マンゴールド!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェームズ・マンゴールド監督 - Fotos International / Getty Images

 映画『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督が、ヒュー・ジャックマン主演の『ザ・ウルヴァリン(原題) / The Wolverine』の監督を降板して以来、誰が後任になるのか注目されてきたが、このほど映画『3時10分、決断のとき』『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』のジェームズ・マンゴールドに白羽の矢が立ったようだ。

ジェームズ・マンゴールド監督映画『ナイト&デイ』写真ギャラリー

 deadline.comによると、製作の20世紀フォックスはアロノフスキー監督の後任として、映画『プライド&グローリー』(日本は劇場未公開)のギャヴィン・オコナー監督、映画『トレーニング デイ』のアントワン・フークア監督、そして映画『ナイト&デイ』のジェームズ・マンゴールド監督の3名を厳選。主演のヒューは、同作の監督決定権を持つほど多大な影響力もあるとDarkhorizons.comが伝えており、企画の初期段階でアロノフスキー監督を選任する前には、映画『エクリプス/トワイライト・サーガ』のデヴィッド・スレイド監督、映画『フライトプラン』のロベルト・シュベンケ監督も候補だったこともある。となると決め手はやはり見栄えのあるアクションとドラマの融合がポイントなのであろう。

 脚本は、映画『ユージュアル・サスペクツ』『ワルキューレ』のクリストファー・マッカリーが担当。アロノフスキー監督は降板に際し、「脚本も非常によい出来だ」と発していただけに期待がもてそうだ。なお撮影は今年の秋にも開始するようで、当初の予定通り日本での撮影も敢行されるという。ウルヴァリンが、サムライのもとで修業する様をどのように演出するのか楽しみだ。(南 樹里)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]