ゴールディ・ホーン、「セックス・アンド・ザ・シティ」のクリエイターの新ドラマに主演決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゴールディ・ホーン

 テレビドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」のクリエイター、ダーレン・スターの新しいドラマシリーズにゴールディ・ホーンが主演することが決まった。

 「ザ・バイアグラ・ダイアリーズ(原題)」と題されたテレビドラマでゴールディは、“中年の危機(ミッドライフ・クライシス)”に陥った夫に捨てられ、30年ぶりにシングルになった女性を演じる。中年男性が“ミッドライフ・クライシス”により、「人生このままでいいのか?」とあせり始め、突然バイクを買ったり、スポーツカーを買ったり、それまでの奥さんを捨てて若い子を追いかけたりするのはよくある話。それをダーレンがどのようにおもしろおかしく、時にはホロっとさせるストーリーで描いてくれるかが楽しみだ。

 ゴールディが主役を演じるのは2002年の映画『バンガー・シスターズ』以来。彼女はこの作品でゴールデン・グローブ賞のミュージカル・コメディ部門で主演女優賞にノミネートされている。テレビシリーズに出演するのは1970年以来だというから、ゴールディにとっても当時とはまったく違い、新鮮味のある仕事になりそうだ。

 ゴールディの31歳の娘ケイト・ハドソンは、母親が若いころよりもどんどんキレイになっていくとコメント。「手が着けられないくらい美しいの。わたしは確かに妊娠しているけど、ママはわたしよりもやせているし、わたしよりもキレイ。なんで?」と65歳の母親の美貌を絶賛している。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]