世界中で最も稼いでいるミュージシャンはU2!レディー・ガガはショーのコスト高で水をあけられる、米フォーブス誌

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
若者たちにはまだまだ負けないぜ!- U2のボノ - Victor Chavez/ WireImage/ Getty Images

 米フォーブス誌が発表した「世界中で最も稼いでいるミュージシャン」で、アイルランド出身のロックバンド・U2が1億9,500万ドル(約156億円)でダントツのトップに立っている。レディー・ガガはU2の約半分の9,000万ドル(約72億円)で4位、17歳のジャスティン・ビーバーは9位と見事トップ10入りを果たしている。(1ドル80円換算)

 同ランキングは、2010年5月から1年の収入を集計したもの。1位はU2の1億9,500万ドルで、続いて、ボン・ジョヴィエルトン・ジョンがそれぞれ1億2,500万ドル(約100億円)、1億ドル(約80億円)で続いている。ミュージックシーンで話題になることの多いレディー・ガガは9,000万ドル(約72億円)で4位に、今年69歳になるポール・マッカートニーが6,700万ドル(約53億6,000万円)で6位となっている。若者に圧倒的な人気を誇るジャスティン・ビーバーは、17歳にして5,300万ドル(42億4,000万円)を稼ぎ、見事9位にランクインしている。

 U2の収入には2年間で7億ドルを越えているワールド・スタジアム・ツアーの売上が大きく貢献しており、2位と3位のボン・ジョヴィ、エルトン・ジョンもそれぞれ数多くのステージをこなし2億ドルを売り上げている。一方、レディー・ガガも1年間に世界22カ国で137回のショーを披露し1億7000万ドルを売り上げたが、ショーの製作費がかさんだために自身の収入にはあまり貢献しなかったようだ。またトップ25まで見たところでは、男性のソロアーティストが13人、女性のソロアーティストが5人ランクインしており、全体としてはソロアーティストが過半数を占めているという結果になった。

 トップ3を長年活動しているグループ、アーティストが占めていることからも明らかなように、ランクインしているアーティストの多くは、この1年で爆発的なヒットに恵まれたというより、長年の活動の積み重ねでライブに多くの観客を動員できた結果だということがよくわかるランキングとなっている。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]