鈴木杏、5代目沖田総司役に!「新・幕末純情伝」で体当たり演技に再挑戦!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
沖田総司役に挑む鈴木杏

 一周忌を迎えた劇作家・つかこうへいさんの追悼公演「新・幕末純情伝」が今秋、東京と大阪で行われ、女優の鈴木杏が5代目となる沖田総司役を務めることがわかった。鈴木は現在公開中の映画『軽蔑』で大胆なラブシーンを披露し、その演技力で高い評価を得たばかり。これまで幾度となく上演されてきた「幕末純情伝」にも色気のあるキスシーンなどが含まれており、まさに旬の鈴木が再び体当たり演技に挑むこととなった。

映画『軽蔑』写真ギャラリー

 「新・幕末純情伝」は、昨年7月10日に62歳という若さでこの世を去ったつかこうへいさんの名作舞台「幕末純情伝」の追悼公演。幕末の京都を舞台に、新撰組の沖田総司が実は女だったというユニークな着想のもと、激動の時代を生きる男女のドラマを描く。

[PR]

 演劇人や舞台ファンに愛され続けている「幕末純情伝」は、1989年8月にPARCO劇場で初演。1991年には映画化もされ、2003年には今回の舞台も手掛ける「北の国から」シリーズの杉田成道演出で女優・広末涼子が、2008年にはつかさんが18年ぶりに直接演出を手掛け、石原さとみが沖田総司を演じ話題を呼んだ。そして、20年ぶりにPARCO劇場で再演される「新・幕末純情伝」で沖田総司役に抜てきされたのは鈴木杏。つか作品からは広末、石原だけでなく黒木メイサ小西真奈美内田有紀小池栄子ら豪華な顔ぶれが巣立っており、子役時代から演技に従事する鈴木の新境地に期待がかかる。

 鈴木は、「まさかあの沖田総司を演じることができるなんて夢のようです」と幼いときに見たことのある作品への参加に大喜びの様子。「とことん向き合いたい」と気合を入れ、「みんなで力を合わせて天国のつかさんへも届くよう、新鮮で力強い『新・幕末純情伝』を作りたい」とつかさんにも思いをはせながら、本舞台への意気込みを語った。

 また、演出を手掛ける杉田成道は「つかさんは人間を生み出す人だった。これまでも、風間杜夫、筧利夫、黒木メイサと数々の俳優たちを、人間から俳優に作り上げるために命を懸ける人だった」とつかさんの人柄を振り返り、配役は未定だが馬場徹和田正人吉田智則小澤雄太ら本舞台に出演するフレッシュなメンバーで、つかさんの一周忌に「幕末純情伝」に挑戦できることを「感無量」だと思いをあらわにした。名作の新たな幕開けに注目したい。(編集部・小松芙未)

パルコ劇場 つかこうへい追悼公演「新・幕末純情伝」は9月13日から25日まで東京・PARCO劇場にて、10月1日から2日まで大阪・シアタードラマシティにて上演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]