「ゴシップガール」のレイトン・ミースター 弟への仕送りを整形手術代に使った母親を訴える

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
裁判の行方が注目されます。-レイトン・ミースター - Brian Ach / WireImage / Getty Images

 テレビドラマ「ゴシップガール」のレイトン・ミースターが、弟に送ったお金を横取りした母親を訴えた。

 TMZによると、レイトンは病気の弟のために使うよう、月7,500ドル(約60万円)を母親に渡していたらしいが、母親のコンスタンスはこのお金で整形手術、ボトックス注射、ヘアエクステンションなどを買ったりしていたという。

 コンスタンスは無職で、レイトンから月1万ドル(約80万円)を一生もらえる口約束があり、もらったお金は自分のものだと主張。その上、レイトンが月々の金を支払わなければ300万ドル(約2億4,000万円)の賠償訴訟を起こしてやると脅したらしいが、レイトンのほうが先に手を打ち、母親との間に口約束はないことを法廷ではっきりさせようとしているらしい。

 コンスタンスは若かったころに麻薬密売組織の一員として逮捕され、テキサスの刑務所に収監されているときにレイトンを出産。更生していたと思われたが、今年2月に「殺してやる」と知人を脅し、接近禁止令を突きつけられている。小さい頃から女優になりたいと言っていたレイトンを応援し、母は自分のインスピレーションだと言ってきたレイトンだが、今回ばかりは堪忍袋の緒が切れたようだ。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]