ぐっさん、カブトムシの羽の音など、ものまね連発で子どもたちを魅了!ジョン・ラセター監督には『カーズ3』の製作を直訴!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ぐっさんのものまねの連発に子どもたちは大喜び

 30日、ディズニー/ピクサー製作の映画『カーズ』の続編となる『カーズ2』の初日舞台あいさつがTOHOシネマズ日劇で行われ、本作で日本語吹き替え版の声優を務めたタレントの山口智充が登壇し、得意のモノマネで子どもたちを魅了したほか、「次回作はもっと日本のシーンを増やして欲しいとジョン・ラセター監督に伝えます!」と早くも続編への意欲を燃やしていた。

映画『カーズ2』写真ギャラリー

 本作は天才レーシングカー・マックィーンとおんぼろレッカー車・メーターのコンビが世界を舞台に繰り広げる冒険と、彼らの友情を描いたアドベンチャー・アニメ。主人公の相棒・メーター役の声を務めている山口はこの日客席後ろから登場し、子どもたちと握手しまくるなど大サービス。壇上に上がると、自身が着用している、映画のキャラクターが描かれているアロハシャツを指して「ジョン・ラセター監督からいただいたアロハです!」と得意げに自慢した。

[PR]

 そして劇中の舞台のひとつが日本であることに触れ「いかにも『アメリカ人が描いたなあ』と思わせる、日本の風景も見どころですよ」と日本人ならではの楽しみ方を伝授した。さらに「ジョン・ラセター監督は日本が大好き。だから日本で盛り上がると『カーズ3』も作ってもらえるはず。そうなったら『もっと日本のシーンを増やして欲しい』と直接、でも通訳さんを通じて伝えたい!」とまだ本国で決まってもいない続編にも取り組む意欲満々だった。

 また、トーク中盤には、「カブトムシの羽の音」や「セミの鳴き声」「花火」など得意のモノマネもたくさん披露し、子どもたちから「すごーい」と羨望の声も集めたぐっさん。最後には「もうとにかく、最初から最後まで楽しめて、夏の思い出に確実に残る作品。いいものなんで観て下さい!」と作品をアピールして締めくくった。

『カーズ2』はキャラクター化された車たちが活躍する世界を描いて大ヒットした映画『カーズ』の続編。天才レーシングカーのマックィーンとおんぼろレッカー車のメーターが、日本をイメージした“トーキョー”をはじめフランス、イタリア、そしてイギリスと、各地で開催されるワールド・グランプリの中で巨大な陰謀を知り、世界を救おうと立ち上がる様を描く。全世界共通挿入歌に、女性3人組テクノポップユニットPerfumeのヒット曲「ポリリズム」が採用されているほか、相撲や歌舞伎をモチーフにした日本ならではの車のキャラクターも登場する。(古河優)

映画『カーズ2』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]