紳助の引退会見前後にメールでやり取り 東国原英夫「さっぱりした感じだった」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
島田紳助さんと引退会見前後にメールでやりとりしたことを明かした東国原英夫氏 - (画像は東国原英夫氏オフィシャルブログスクリーンショット)

 前宮崎県知事の東国原英夫氏が、23日に突如会見を開き芸能界引退を発表した元タレントの島田紳助さんと、会見前後にメールでやり取りしていたことをオフィシャルブログで明かした。東国原氏は、「肩の荷が下りたような何か清々しい、さっぱりした感じだった」とメールから受けた印象を吐露している。

 世間に衝撃を与えた突然の引退劇に、「返す返すも残念」と心境を明かした東国原氏。「引退しなければならない人間はダラダラと引退せず、引退する必要のない人間が引退する。国益をも損ねたA級戦犯ものの政治家は引退せず、国民に多くの笑いと元気を与え続けた人間が引退する……一体どうなっているのか?」とやや辛口に持論を語り、疑問を投げかけている。

 紳助さんが会見を開くことは知り合いを通じて知っていたというが、よもや引退会見だとは思わなかったという東国原氏。会見前後には紳助さんとメールのやり取りがあったことを明かし、「肩の荷が下りたような何か清々しい、さっぱりした感じだった」とその印象を語った。

 東国原氏は、暴力団関係者との親密さをうかがわせる一定のやり取りがあったことを引退理由に上げた会見の内容を振り返り、「現時点では、何か犯罪に加担したとか本人がそういう組織に属していたとかという事実は無い」と見解を示し、「『引退』に値する事案であるかは甚だ疑問」と率直な思いをつづっている。また、紳助さんのあまりに早い幕引きに諦めがつかない様子や復帰のチャンスについても触れている東国原氏は、テレビやエンタメ業界から紳助さんが消えることを「損失は余りにも大きいと思う」と呈している。(編集部・小松芙未)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]