吉井怜が美少女獣医に!寄生されると淫乱になっちゃう!? 寄生虫と戦うエロティックSF公開日決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
吉井怜が見せるエロスに大いに期待!-映画『寄性獣医・鈴音 GENESIS×EVOLUTION』ポスター画像 - (C)2011「寄性獣医・鈴音」製作委員会

 吉井怜がエロティックな衣装に身を包み、大胆な濡れ場とハードなアクションに挑戦する人気コミックの映画化『寄性獣医・鈴音 GENESIS×EVOLUTION』の公開が11月に決定し、吉井のセクシーさが際立つポスター画像が解禁された。

 原作はコミックダウンロード数日本一を誇る漫画家・春輝が手掛ける携帯コミックで、有料配信数は1,500万ダウンロードを記録する人気。人体に寄生し宿主を発情させる寄生虫が猛威をふるう都市を舞台に、寄生虫の駆除のため日々奔走(ほんそう)する美少女獣医で寄生虫専門家・鈴音に迫る暴力と狂気、そしてエロスが描かれる。過激なセクシー描写はもちろん、作中で展開するハードなアクションやストーリー展開も人気の作品だ。

 映画版では、7月に発売したデビュー15周年記念写真集で一糸まとわぬ姿を披露した吉井が、鈴音役にチャレンジ。ポスターにある「愛を捨てた最終兵器(ヴァージン・クイーン)、誕生。」のキャッチコピー通り、理不尽に襲い掛かかるエロスにあらがいながら処女を守る役を体当たりで演じ、大胆な濡れ場も披露する。ポスターには、胸元の開いた、谷間もあらわなセクシーコスチュームに身む吉井の姿が。ミニスカートからのびる脚には、相棒のカエル・カンテツの姿も確認できる。

[PR]

 製作にあたっては、『ブギーポップは笑わない』やドラマ版「魔法先生ネギま!」さらに人気特撮シリーズ最新作「牙狼<GARO> ~MAKAISENKI~」も手掛ける金田龍監督とCGチームがスタッフに名を連ねており、迫力のアクションに期待が高まる。また、鈴音と敵対する女教師・尚美には『冷たい熱帯魚』『恋の罪』の神楽坂恵がふんしており、吉井とはまた違う、彼女ならではの大胆なセクシーさを見せてくれそうだ。(編集部・入倉功一)

映画『寄性獣医・鈴音 GENESIS×EVOLUTION』は11月26日から池袋シネマロサほかで公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]