ジゼル・ブンチェンが出演した下着コマーシャルにブラジル政府が禁止の要請

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
こんな格好で「クレジットカードの制限を越えちゃった」とダンナさまに……!-ジゼル・ブンチェン - Antonio de Moraes Barros Filho / WireImage/ Getty Images

 スーパーモデルのジゼル・ブンチェンが母国ブラジルで出演した下着メーカーのCMに対し、ブラジル政府が放映禁止の要請を出した。

 これは下着メーカー「ホープ・ランジェリー」のコマーシャルで、ジゼルが、夫に対して「車をぶつけちゃった」「クレジットカードの制限を越えちゃった」などの告白をするもの。普通に洋服を着て告白すると「wrong(誤り)」で、下着とハイヒールだけの姿で告白すると「right(正解)」とロゴが出る。さらにナレーションで、「ブラジル人なら、その魅力を使いましょう」とブラジル人女性たちに語りかけている。

 英テレグラフ紙(電子版)によると、ブラジル政府はこのコマーシャルについて広告監視機関に禁止の要請を出し、「性差別を終わらせる動きを妨げ、女性差別を表現している」と声明を発表。またコマーシャルの監督にも抗議の書面を送ったという。一方、ホープ・ランジェリー側も声明を発表し、「性差別を意図したものではなく、単に夫婦の日常を表現したもの」と反論。女性が経済的に夫に従属している状態を、ジゼルのような経済的な成功者が演じることで大きな効果を狙ったという。(竹内エミコ)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]