イギリスのケンタッキー・フライドチキンに席を予約しようとしたジョン・トラヴォルタ、店員がイタズラ電話だと思い断る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
食べたかったな、フライドチキン……。-ジョン・トラヴォルタ - Mark Sullivan / WireImage / Gettty Imges

 サイエントロジーのミーティングに出席するため、イギリスを訪れていたジョン・トラヴォルタが、ケンタッキー・フライドチキンで席を予約できなかったらしい。

 ジョン・トラヴォルタのために席を予約できないかとアシスタントが電話したところ、店員は冗談だと思い、予約を断り、ほかの客と同じように並んでくれと言ったという。結局、ジョンはケンタッキーに行くことはあきらめたよう。イギリスのケンタッキー側は、「スタッフはこの予約はイタズラだと思ったんです。でも、本当だったんですね。誤解が起きたことをお詫びし、次に近くにお越しの際にはぜひご来店ください」とコメントしている。

 ジョンの予約を断った店員は、「僕にとって誰であろうと客は客。有名人でもそれは変わらないよ。電話をしてきた女性は名乗らず、トラヴォルタさんのためにテーブルを予約したいと言って来た。ちょっと面食らったけど、きっとウソだと思った。彼女は真剣なようだったけどね」と語っている。アメリカでは、トラヴォルタの名前を出せば、だれでもすぐに動いてくれるのかもしれないが、アシスタントも自分の名前を名乗るというビジネスルールを忘れないようにするべきかもしれない。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]