14歳の少女が殺害予告!隠し子騒動に揺れるジャスティン・ビーバーの元恋人が標的に…

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
あまりの人気ゆえか、さまざまな騒動が続くジャスティン・ビーバー - Jason Merritt / Getty Images

 カナダ出身の人気歌手ジャスティン・ビーバーの元恋人へ、14歳の少女が殺害予告をし、ロサンゼルス警察が捜査令状を発行したと話題になっている。

映画『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』場面写真

 現在、彼の子どもを産んだと主張する20歳女性の騒動に巻き込まれながらも、恋人セレナ・ゴメスとの交際は順調な様子のジャスティン。そんな彼の元恋人ケイトリン・ビードルズさんが、殺害予告の標的となってしまった。TMZ.comが入手した捜査令状によれば、容疑者はケンタッキー州在住の14歳の少女で、マイクロサービスTumblr上で、彼女を「殺す」ことや、いつもカメラ監視しているなどとほのめかしていたという。

[PR]

 また、令状によると、少女は「KILLSGANDCB」というハンドルネームを使用。これは、CB(ケイトリン・ビードルズ)とSG(セレナ・ゴメス)を殺すという意味だと推測され、どうやら彼女の標的にはゴメスも含まれていた様子。

 ジャスティンとの交際を認めて以来、セレナにもジャスティンファンから大量の脅迫メールなどが届いているといわれており、元恋人にまでその脅威が及んだこの騒動。また先日には、精神障害の疑いで拘束をされていた46歳の男がセレナの殺害計画を告白、セレナ自身が接近禁止令を申請したことが報じられるなど、隠し子騒動と併せ、ジャスティンは受難続きとなっている。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]