ツイッターでディズニーを動かしたデミ・ロヴァート トラブルの元になるからとツイッター休止宣言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
トラブルの元とはお別れよ! - デミ・ロヴァート

 ドラマの中で摂食障害をジョークのネタにしたディズニーをツイッターで批判し、ディズニーに番組を見直させたデミ・ロヴァートがツイッター休止宣言をした。

デミ・ロヴァート出演映画『ジョナス・ブラザーズ/ザ・コンサート 3-D』場面写真

 19歳のデミは元ディズニー・アイドル。2010年には精神的、肉体的問題を理由にリハビリ施設に入所し、ジョナス・ブラザーズとのツアーを途中で降りている。その後、摂食障害の治療のためだったことを告白。同じ病気で苦しんでいる人たちへメッセージを送り、「他人がどう思おうが気にしちゃダメ」と言ってきた。

[PR]

 しかし、ここに来て自分の言ったことでなんらかの問題が起きたようで、トラブルの元になるからしばらくツイッターをやめると言っている。詳しい理由については一切明かしていないが、「万人を満足させることはできない」とツイートした後、「ツイッター休止。これが最善の策。大体、誰がわたしにこんなものを許したの? トラブルの元になるだけよ! ハハハハ。じゃあね、バイ!」と最後につぶやいている。

 デミは先日、交際をしていた31歳のウィルマー・バルデラマと別れたことをにおわせるツイートをしており、これが原因ではないかと言われている。「忠誠心がすべてよ。わたしをサポートしてくれる友達に感謝している」「女性が学ぶ最も重要なことは、男なんて必要ないってこと」とデミはゴシップ・コップ.comの破局記事にリンクしたツイートをしたが、その後これらの書き込みは削除されており、これがなんらかの問題を引き起こしたようだ。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]