ケンドーコバヤシ、「映画がヒットしなかったら僕のせい」 なぜ!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
お茶目なケンコバ!映画『ゴーストライターホテル』ヒット祈願!

 31日、学問の神様・湯島天神にて、映画『ゴーストライターホテル』のヒット祈願が行われ、主演の阿部力鈴木亜美桂三度世界のナベアツ)とケンドーコバヤシ、監督の伊東寛晃が登場した。

映画『ゴーストライターホテル』予告編

 日本の名だたる文豪たちが幽霊となって登場し、小説化志望の主人公(阿部)を応援するというストーリーで、桂三度(世界のナベアツ)は夏目漱石、ケンドーコバヤシは宮沢賢治にふんするが、この日二人は劇中の文豪姿を披露。神殿内の奉納では「神々しい雰囲気だったのに、(コバヤシが)寒がりすぎてやかましかった」と桂三度が嘆く場面も。

[PR]

 また、阿部と伊東監督が絵馬に映画のヒット祈願をしたためると、鈴木は「資格を取るぞぉ」と書き込み、コバヤシが「映画と関係ないやん!」とツッコミ。「ずっと料理が好きだったので、フードコーディネーターの資格を今年こそ」とまじめに鈴木はコメントした。一方の桂は「チカン アカン!!」。ケンコバは「ナオンを1つお願いします」とこれまた映画とまったく関係ない祈願を書いており、鈴木の爆笑を誘った。

 映画ではほかにも数々の芸人が文豪にふんしているが、出演していないピースの又吉のほうが文豪イメージでは? との声にコバヤシは「好きこそものの上手なれっていうのはうそだということが証明されました」。桂は「ちょっと勉強しましたが、そのままストレートにやりました」と自身の役づくりについて明かした。

 「1週間で撮影したのですが、毎日楽しくてリハーサルを何度かやらないと笑いが抑えられないぐらい」と阿部が撮影を振り返り、現場は和気あいあいとしていた様子。そんな中、「神殿内の奉納のとき、つい彼女ができないかなあと思ってしまいました。映画がヒットしなかったら僕のせいです」とコバヤシが申告。映画そのままの雰囲気を感じさせるヒット祈願となった。(取材・文:浅来香)

映画『ゴーストライターホテル』は3月17日よりシネマート新宿ほか全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]