ドミニク・クーパー、スリラー映画『シティーズ』の主演をクライヴ・オーウェンから継投

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新たに主役の座をゲットしたドミニク・クーパー

 映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のハワード・スターク役の演技が絶賛されたドミニク・クーパーが、クライヴ・オーウェンが降板したスリラー映画『シティーズ(原題)/ Cities』の主役を獲得した。

ドミニク・クーパー主演映画『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』場面写真

 映画『バンク・ジョブ』のロジャー・ドナルドソンがメガホンを取るこの作品には、その他にも映画『ホビット 思いがけない冒険』が待機中のオーランド・ブルーム、映画『マリー・アントワネット』のキルステン・ダンスト、映画『スラムドッグ$ミリオネア』のアニル・カプールらも出演する。

[PR]

 ストーリーは金融大恐慌前のニューヨーク、ロンドン、ムンバイの3都市を舞台にした金融サスペンスドラマだという。クーパーはオーウェンに比べると若すぎるとも思えるが、役の内容がまだはっきりしていない今、修正はもちろん可能だろう。

 オーウェンの降板はスケジュールの都合とのことだが、実はクーパー自身も同じ問題を抱えている。映画『ザ・ウォーカー』のアルバート・ヒューズ監督、ジョエル・シルバー製作の映画『モーター・シティー(原題)/ Motor City』とのスケジュールが重なる可能性があるという。

 しかし、このあたりでブレークを狙いたいクーパーとしては両作ともでいい仕事をしたいと思っていることだろう。(後藤ゆかり)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]