『トイ・ストーリー』最新作は今夏公開!バズ・ライトイヤーが置き去りに?短編『ニセものバズがやって来た』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「おい、バズ!どうしてそんなに小さく…まさか、青いネコ型ロボットに何かされたのか?」 - (C) Disney/Pixar.All Rights Reserves.

 人気アニメーション映画『トイ・ストーリー』シリーズ最新作の短編『ニセものバズがやって来た』が、ディズニー/ピクサー最新作『メリダとおそろしの森』の併映作品として7月21日より全国公開されることが明らかになった。ウッディやバズ・ライトイヤーといったおなじみのトイに加え、新キャラも多数登場する見ごたえたっぷりの作品だ。

映画『メリダとおそろしの森』場面写真

 『ニセものバズがやって来た』は、ファーストフード店に置き去りにされてしまったバズが何とか仲間たちの元に戻ろうと奮闘するさまを描いた作品だ。同シリーズの短編としては、昨年公開された『カーズ2』の併映作品『ハワイアン・バケーション』以来2作目となる。

[PR]

 すでに全米では別作品と併映で劇場上映されており、日本のファンの間では公開時期がいつになるのかと話題になっていた。そういったファンの要望に応える形で、『メリダとおそろしの森』と同時上映されることになった。

 長編作品はもちろんのこと、ディズニー/ピクサーの短編にはアカデミー賞短編アニメ賞にノミネートされた『デイ&ナイト』『マジシャン・プレスト』をはじめ、知る人ぞ知る名作も多い。本作も、おもちゃの置き忘れや取り違いといった、誰しも一度は経験したことがある出来事が「おもちゃ」の目線から語られるという、このシリーズならではの物語に。日本では約1年ぶりとなる『トイ・ストーリー』シリーズの新作となっている。(編集部・福田麗)

映画『メリダとおそろしの森』『ニセものバズがやって来た』は7月21日よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]