キアヌ・リーヴス、カルト・コメディー『ビルとテッドの大冒険』続編はまもなく製作開始!現在は脚本を確認中!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キアヌ・リーヴス - Matt Carr / Getty Images

 映画『マトリックス』などで知られるキアヌ・リーヴスが、カルト・コメディー『ビルとテッドの大冒険』第3作の脚本がまもなく完成し、製作が開始されることになるだろうと英インデペンデント紙のインタビューで答えている。

キアヌ・リーヴス出演!映画『フェイク・クライム』場面写真

 映画『ビルとテッドの大冒険』は、まだ『スピード』で大ブレイクを果たす前のキアヌがアレックス・ウィンターと共に主演を務めたバカ・コメディー。1991年に続編『ビルとテッドの地獄旅行』が公開されて以降、新作のうわさはなかったものの、昨年4月に突然続編映画の企画があると報じられ、かつて夢中になったティーンエイジャーを熱狂させた。

[PR]

 昨年の段階では、初夏までに脚本が完成すると報じられたものの、その後音さたなし。だが、キアヌは今月掲載された英インデペンデント紙のインタビューで「続編はあるよ。今、第一稿が手元にあって、ちょうど編集しているところだ」と明言。本格的な製作に近々入ることを明かした。

 キアヌは今年12月に「忠臣蔵」をハリウッド・リメイクした映画『47RONIN』が公開されるなど、多忙を極めるハリウッドスター。今さらティーンエイジャー向けのコメディーに出演するとは通常ならば考えにくいものの、本人はかなり乗り気のようだ。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]