遺言状のなかったエイミー・ワインハウスさん、遺産はすべて両親へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
父親のミッチとエイミー・ワインハウスさん - Fred Duval / FilmMagic / Getty Images

 昨年急死したエイミー・ワインハウスさんは遺言状を作成していなかったため、遺産はすべて両親が相続することになったという。

 遺産相続については、エイミーさんが元夫ブレイク・フィールダー・シヴィルに何かを遺したかどうかが注目されていたが、遺言状がなかったため、法定相続人である両親が推定466万ドル(約3億7,280万円)を手にすることになるという。これは借金と税金を支払ったあとの額だとアクセス・ハリウッドは報じている。

 「27歳で遺言状を書く人はあまりいません。エイミーもそうでした。彼女は自分がどれだけの資産を持っていたのかは知りませんでした。もし遺言状を書いていれば、ブレイクにも何か遺されたでしょう」とある関係者はザ・サン紙にコメントしている。

[PR]

 エイミーさんの父親ミッチは、娘を麻薬の世界へと引き込んだのはブレイクで、エイミーさんの死後、彼のせいで娘は死んだというニュアンスのコメントをしているため、今回の遺産相続に彼が含まれていないことにホッとしていることだろう。

 今でも娘が近くにいると語っていたミッチは、「僕は死後の世界はあると強く信じているから、彼女はいつでもそばにいると思っています。確実にいますよ」とコメント。今年、エイミーさんはトニー・ベネットとのデュエットでグラミー賞を受賞。トニーと一緒に壇上に上がったエイミーさんの両親は誇らしげに彼女のグラミーを受け取っている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]