生後2か月の男の子の認知を迫られたライアン・オニール、DNA検査を受けることに合意

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
DNA検査を受けてやるよ - ライアン・オニール

 先日、前立腺がんと診断されたことを発表したライアン・オニールが子どもの認知を迫られているという。

 ライアンの子どもを産んだと主張しているのはジェシカ・ゼラーズで、ライアンは彼女と一時交際をしていたことは認めているが、生後2か月の赤ちゃんの父親は自分ではないと言っており、DNA検査ではっきりさせることにしたという。

 「オニール氏は、口腔粘膜検体採取による実父確定検査を自発的に受けることを相手側に知らせました。ゼラーズさんの弁護士からはDNA検査用のクリニックを指定されたので、あとはオニール氏が出向けば5分から10分で済むことです。検査によってオニール氏が父親ではないことが明らかになるでしょう」とライアンの弁護士はコメントしている。

 「この女性の主張はばかげたウソです。彼女はライアンにつきまとい、嫌がらせを続けています。ライアンは彼女とは親密な関係にはなっていません」と付け加え、もしライアンの子どもだというなら、セックスなし、人工授精なしに妊娠をした初のケースになると語った。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]