小栗旬&岡田将生、和服姿で登場!「呼吸困難になりそうなぐらいつらい撮影だった」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
岡田将生と小栗旬

 5日、映画『宇宙兄弟』の初日舞台あいさつがTOHOシネマズ日劇にて行なわれ、兄弟を演じた小栗旬、岡田将生が和装で登壇。男同士のきょうだいなら誰もが経験したことがあるような、兄・弟の微妙な力関係を見せる二人に、場内は大きな笑い声に包まれた。同舞台あいさつには、幼少期の小栗と岡田を演じた子役の中野澪、中島凱斗、原作者の小山宙哉氏、森義隆監督も出席し、途中「ニセ宇宙兄弟」としてお笑い芸人のトータルテンボスが乱入する一幕もあった。

映画『宇宙兄弟』フォトギャラリー

 公開初日、ほかの会場からも大入りの知らせを聞いた小栗は「浮き足立っています」と興奮気味にあいさつ。さらに「岡田君には悪いですが、鑑賞したお客さんから『この作品は小栗旬が支えている映画だね』って言われましたよ」と冗談を飛ばし兄として早くも主導権を握る。

[PR]

 そんな小栗に岡田は少し萎縮気味。「毎日呼吸困難になりそうなぐらいつらい撮影でしたが、それを乗り越えて初日を迎えられてうれしい」と笑顔で語るが、小栗は岡田がトークをしている間、ずっと至近距離で強い視線を送る。そんな小栗のプレッシャー!? に「いろいろな番組で(トークがもたつくと)たまに厳しいお兄ちゃんの目をするんですよ。こういうお兄ちゃん持つと大変だなって思います」とささやかな反撃。

 息のあった二人のやりとりを見ていた原作者の小山氏は「本当に素晴らしい作品でした。僕のイメージ通りの映画」と出来に太鼓判。すると監督も「大学生のころ、この劇場でもぎりのアルバイトをしていたので、この場所に自分が登壇者として立てるのは感慨深いです」と表情をゆるませていた。

 終始、二人の主従関係!? が壇上で繰り広げられていたが、岡田が「5年前にドラマで共演したとき、大きな背中を見せてくれていた人で、ずっと見続けていたいなと思っていました。その気持ちが、今回ヒビトとムッタにつながっていった」と語ると小栗は満面の笑みに。仲の良い兄弟の姿がそこにあった。

 本作は累計800万部を超える小山宙哉の同名コミックを実写映画化。NASAケネディ宇宙センターでの大型ロケや、JAXAの全面協力のもとに撮影された大迫力の映像は、物語の世界観に真実味を与えている。(磯部正和)

映画『宇宙兄弟』は全国東宝系にて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]