ジョン・トラヴォルタのセクハラ疑惑 3人目の被害者が名乗りを上げ、1人目は弁護士が手を引くことに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
まさかの3人目!?もう勘弁してくれよ…… - ジョン・トラヴォルタ - Mark Sullivan / WireImage / Gettty Imges

 ジョン・トラヴォルタをセクハラで訴えた男性が、担当弁護士から契約を解除されたという。

ジョン・トラヴォルタ主演映画『ママの遺したラヴソング』写真ギャラリー

 最初にジョンを訴えた男性マッサージ師は、1月16日にロサンゼルスで彼に性的関係を持ちかけられたと言っていたが、ジョンがニューヨークにいたことが証明されたとたん、日にちを間違えたと話を変えはじめた。2人目の被害者も担当している弁護士は、これ以上この男性を弁護できないと考え、手を引いたという。

[PR]

 関係者によると、1人目の被害者は訴状に記載されている事件の日付を訂正する予定で、施術を行ったビバリーヒルズ・ホテルの従業員も証人として呼ぶつもりらしく、まだあきらめていない様子だ。そんな中、同じくジョンに言い寄られたという3人目の男性が出現。彼は訴訟は起こさないようだが、ロイヤル・カリビアン・クルーズの船の中でマッサージとセックスを持ちかけられ、1万2,000ドル(約96万円)払うと言われたとコメントしている。男性の名前はファビアン・ザンジで、クルーズ船のVIP担当スタッフだったらしい。

 ジョンの弁護士はファビアンの主張も否定。「この男性はわずかな名声を得るために3年以上も前に起きたと言われていることを今になって初めて口にしています。誰もこの件について聞いたことはなく、ほかの弁護士から連絡も受けていません」と、騒ぎに便乗しているだけだと言っている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]