公開終了後にコラボ強化!『耳すま』的ブームとなるか?横浜市『コクリコ坂から』キャンペーン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
宮崎吾朗監督描き下ろしイラスト

 昨年7月に公開され、その年の邦画興行収入ナンバーワンを記録した映画『コクリコ坂から』で、公開が終了した今、舞台となった横浜市が、昨年よりも力を入れたキャンペーンを実施していくことを発表した。

 本作の主人公・松崎海の住むコクリコ荘がある場所のモデルとされる港の見える丘公園内の横浜港が一望できる場所に、劇中に登場する「U・W旗」を掲揚するポールと宮崎吾朗監督直筆のイラストとサインが添えられたパネルを設置し、スタジオジブリ初の記念スポットを誕生させた『コクリコ坂から』。

 5月1日から6月30日までの期間限定で「HAPPY LAWSON 山下公園店」を、『コクリコ坂から』のイメージで装飾したコラボレーション店舗を展開、6月19日には初回限定生産となる「コクリコ坂から」横浜特別版DVD&ブルーレイ発売記念プレミア上映会、6月20日から27日まで横浜赤レンガ倉庫にて「コクリコ坂から展」を開催するなどのキャンペーンを展開していく。

[PR]

 また、8月31日までの期間限定で、「コクリコ坂から ヨコハマガイドマップ2012」を無料配布し、特典付のスタンプラリーを実施するという。スタジオジブリ作品では、映画『耳をすませば』の舞台といわれる聖蹟桜ヶ丘にも、マップがあり、ロケ地巡りに一役買い、映画の公開から15年以上たった今でもファンを惹(ひ)き付けているが、横浜も同様に『コクリコ坂から』ファンの訪れる場所となるのか? 「コクリコ坂から ヨコハマガイドマップ」は、8月31日までといわず、配布を続けてほしいところだ。(編集部・島村幸恵)

映画『コクリコ坂から』DVD(税込み:4,935円)、ブルーレイ(税込み:7,140円)、横浜特別版(初回限定生産)DVD(税込み:5,250円)、横浜特別版(初回限定生産)ブルーレイ(税込み:7,350円)は6月20日発売
※横浜特別版には、宮崎吾朗監督インタビュー、『コクリコ坂から』の音楽で横浜の魅力に迫る特別映像などを収録

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]