性的暴行の疑いをかけられた「ザ・ホワイトハウス」のティモシー・バスフィールド、証拠不十分で不起訴に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
不起訴処分となったティモシー・バスフィールド - Earl Gibson III / Getty Images

 テレビドラマ「ザ・ホワイトハウス」で記者のダニーを演じていたティモシー・バスフィールドが、デートをした女性に性的暴行を働いたと疑われていた事件で不起訴が決まったという。

 被害届を出した女性は、ティモシーと映画館でデートをしたところ、キスがエスカレートして胸や陰部を触られたと警察に駆け込んでいた。TMZによると、警察はロサンゼルス市検事局に事件を回したが、調査の結果、証拠不十分と判断され起訴はされないことになったという。

 インターネットの掲示板には、「映画館でデートの相手を触って起訴されたら世の中の大半の男性が大変な目にあう」「この女は単にセレブから金を搾り取ろうとしただけ」と、ティモシーを擁護する意見が多いが、彼が過去にも性的問題で訴えられていることに引っ掛かりを感じている人もおり、彼が行き過ぎた行動を取ったのかもしれないという意見もある。

 ティモシーは1994年に出演映画のエキストラだった17歳の女の子に酒を飲ませ体を触り、セックスを持ちかけたとして訴訟を起こされ、示談に応じている。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]