ジャスティン・ビーバー、ファンの歓声がうるさすぎて耳が悪くなったとして訴えられる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
訴えられた18歳のジャスティン・ビーバー

 ジャスティン・ビーバーのコンサートを鑑賞した女性が、ジャスティンファンの歓声がうるさすぎたため耳にダメージを負ったとして、ジャスティンを相手に923万ドル(約7億3,840万円)を求める訴訟を起こした。(1ドル80円計算)

 訴えを起こしたステイシー・ウィルソン・ベッツさんは、2010年7月、娘を連れてアメリカのポートランドで行われたジャスティンのコンサートを鑑賞した際に、耳にダメージを受けたと主張している。

 TMZ.comによると、ベッツさんが提出した訴状にはアリーナの中はジャスティンファンの出す黄色い声援でものすごい騒がしさだったと書かれているという。そしてジャスティンがハート型のゴンドラに乗ってファンの上にやってくると、その騒音レベルは一気に上がったといい「ジャスティンはファンの歓声を求めるような仕草をして、ファンが熱狂するようにそそのかしたのです」と非難している。

 そしてその騒音のせいで彼女は耳鳴りに悩まされ眠りにつくことすら困難になり、さらには音が聞き取りにくくなったとのこと。そのため、今回ジャスティンと彼のレーベル、コンサート・プロモーターとアリーナを相手に訴訟を起こしたという。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]